つぼみのはみだしレポ⑥ B3病棟 内科・泌尿器科混合病棟 – 東戸塚記念病院 看護部ホームページ つぼみのはみだしレポ⑥ B3病棟 内科・泌尿器科混合病棟 – 東戸塚記念病院 看護部ホームページ

Blog

東戸塚記念病院 看護部 Blog

つぼみのはみだしレポ⑥ B3病棟 内科・泌尿器科混合病棟

こんにちはB3病棟です。

11月となり食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。皆さんはどんな秋をお過ごしですか?

B3病棟の11月は泌尿器科の秋到来です! B3病棟は元々内科、形成外科、整形外科の混合病棟でしたが、泌尿器科も10月からB3病棟へお引越しになりました。9月から泌尿器科経験者による勉強会を開催しB3病棟全員が泌尿器科の患者様を看護できるように準備しています!(^^)!

↑泌尿器科勉強風景です

勤務時間内に勉強会を開催しています。

 

泌尿器科の疾患は尿路感染、腎盂腎炎、尿路結石、前立腺がん、前立腺肥大症等他にも沢山ありまだまだ分からないことも多いですが、泌尿器科の優しい先生方が丁寧に教えて下さるので心強いです。

それでは泌尿器科の先生をご紹介します!

      

各務先生      &      松橋先生

B3病棟の泌尿器疾患の患者様は2名の先生方に守られていますヽ(^o^)丿

 

 

始めまして皆さんB3病棟師長の木枝です。

さてここでは、B3病棟の特徴を簡単にご紹介します。

B3病棟の特徴は、病床数が30床でとてもコンパクト設計です。

その為残業も他の病棟に比べて少ないのでママさんナースも多く

活躍しています。学生の皆さんも看護師になり働き始めたら仕事

とプライベートのON/OFFを上手に切り替えられる職場ですよ。

 

 

それでは最後に…

今年のインターンシップ後半戦は、11月から始まります(*^_^*)

東戸塚記念病院職員一同、皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

【その中でもB3病棟のインターンシップで体験してほしい3つのポイント】

  1. 看護師と多職種(Dr、PT、OT、ST、栄養科、PFM)の連携

→強い連携力が看護の質向上と働きやすさに繋がっています。

  1. 患者さまと看護師の信頼関係

→患者さまの想いをどのように引き出しているか注目してください

  1. B3病棟の居心地の良さ
  2. →病棟内の居心地の良さを実際に肌で感じてみてください。

 

 

※オマケ

10月ブログ担当の伊藤です。先輩にお願いして素敵なお写真をお借りしました。

病棟の先輩看護師の9月の京都旅行のお写真です。

有休を上手に利用しプライベートを満喫してますね。

学生の皆さん是非B3病棟でのインターンシップにお越し下さいませ。