つぼみのはみだしレポ⑭ HCU第2弾 – 東戸塚記念病院 看護部ホームページ つぼみのはみだしレポ⑭ HCU第2弾 – 東戸塚記念病院 看護部ホームページ

Blog

東戸塚記念病院 看護部 Blog

つぼみのはみだしレポ⑭ HCU第2弾

こんにちは!看護部リクルート委員です♪

 

国家試験を受けた看護学生の皆さん、疲れ様でした。日頃の力は発揮できたでしょうか?

そしてまだまだ寒い日が続いているので、

しっかり防寒して風邪をひかないように気を付けて下さいね(>_<)

 

 

さてさて、本題にうつります。

 

昨年年末、HCUでは看護師を対象にICLSのトレーニングを行いました。

 

ICLSとは、医療従事者のための蘇生トレーニングであり、緊急性の高い病態のうち、特に「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標としています。

参考:日本救急医学会https://www.icls-web.com/about/icls_about.html

 

 

HCUにはICLSインストラクターがいるので、本格的な指導を受けながら急変対応の訓練をすることができます!

 

HCUの夜勤は看護師3人体制なので、夜勤帯の急変を想定しスタッフ3名でシミュレーションを行います。

 

(リーダー・DCを操作する人・胸骨圧迫をする人に分かれて訓練しています!)

 

 

実際に講習用のマネキンを使用するため、より実践に近い形で練習が行えます。

DC(直流除細動器)の使用方法の確認も一緒に行いました。

 

分からないことや気になることも適宜質問を交えながら行えたので、より理解が深まり、とても有意義な時間になりました(*^^*)

 

 

 

若手のスタッフや急変対応に不慣れなスタッフでも、それぞれが自分の役割に沿って行動できるよう、インストラクターのスタッフが確認用のカードを作ってくれました!

 

 

いざ急変にあたった時に、その場にいるスタッフ全員が迅速かつ最善の対応をとれるよう、これからも訓練を続けていきます(^O^)/

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

話は変わりますが、去年のHCUスタッフの長期休暇について一部紹介させていただきたいと思います。

休みの日数や過ごし方は人それぞれですが、海外旅行に行くスタッフも多くいます

 

 

新婚旅行でハワイに行ったという先輩もいます。

カメがかわいいですね♡

 

 

長期休暇で日頃の疲れを癒やして、また次のお休みを楽しみに

今年1年がんばります!!(^O^)/

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

みなさん、この冬話題のドラマ「トップナイフ」をご存じですか?

こちらが当院のトップナイフの脳外科医の木村医師です☆

 

(アンギオ室にて処置中の木村医師)

 

 

木村医師は、HCUの病棟長でもあります(*^^*)

そんな木村医師より、コメントをいただきました。

 

 

 

HCU病棟長の木村です。HCUには、脳外科を始め、さまざまな科・疾患の患者が入院しています。もちろん全ての科において言えることですが、特に脳外科に関しては自分が病棟長であるということもあり、常に正しい知識・理解を持って看護にあたってほしいと考えています。そのため、看護師とも密に情報共有をし合い、時には患者を看る上でおさえておいてほしい知識や管理上の確認なども交えながら、安全で質の高い医療を提供できるよう努めています。これからも病棟スタッフ一同、互いに助け合いながら力を尽くしていきたいと思います。

 

看護学生の皆さん、是非HCUへきて技術を磨いてみませんか?

まずはインターンシップでの見学をお待ちしております。