東戸塚記念病院 看護部

部長メッセージ/部署の紹介

\"東戸塚記念病院

部長メッセージ

信頼し、信頼される看護を提供する

当院は東戸塚地域の二次救急指定病院として
昭和63年の開院以来、地域の皆様に
支えられながら発展してまいりました。

看護部では、「全職員に信頼される医療の実践と、
地域住民に必要とされる病院」という病院理念のもと
看護ケアを一人ひとりがチームと手をとりあい
協力し提供することで、患者さんへの
最善の看護に繋げてほしい、患者さん中心の看護を
個々の看護実践からチームの看護力に繋げて、
信頼し信頼される看護部でありたいと考えます。

院内教育体制には、知識・技術・態度に加え、
専門職として倫理観を大切にした
看護師の育成に努めています。

超高齢社会の中で看護に向き合うスタッフが、
やりがいを感じ、自己の成長を感じながら
働き続けられる職場であることを目指し、
看護部は笑顔で頑張ってまいります。

東戸塚記念病院 看護部長

看護部長
片山 美帆

看護部の目指す看護師像

急性期医療の中で患者の生命と尊厳を最優先とした看護実践を提供できる看護師

・自己の能力開発のために自己研鑽に努める
・倫理的視点に基づいた看護実践を行える
・チーム医療における看護師としての役割を発揮し、協働的姿勢をもって臨める
・専門職としての品位品格を常に高く維持する

各部署のご紹介

A6

整形外科病棟です。親子?兄弟?姉妹?と間違えられるくらいスタッフ間の関係が良好です。多職種とも連携し患者さん・ご家族が安心して入院生活が過ごすことができ、気持ちよく退院できるよう日々看護を行っております。

A5

整形外科病棟です。20代のスタッフが多く活気あふれる病棟です。
忙しい中でも仕事後のプライベートも充実しています。
患者さんが元気に退院していく喜びと大腿骨の手術件数が日本一!という誇りをもって日々働いています。

A4

循環器内科、一般内科病棟です。毎年新人看護師の受入れ人数が多いため、活気にあふれています。皆で目標に向かって一生懸命指導しながら患者さんへ看護しています。笑顔の多い病棟です!

HCU

集中治療を要する患者さんが多く入院されていることもあり、家族看護も視野に入れた看護が提供できるよう心がけています。急変も多い病棟ですので、定期的に急変対応の研修も実施しています。

A3

消化器内科、消化器外科の病棟です。消化器内科から、外科へ転科され手術になる患者さんも多く、消化器系の多くを学ぶことができます。術前から術後まで患者さんに対応し、看護の力を発揮できるようスタッフみんなでがんばっています。

B3

B3病棟は内科、形成外科、泌尿器科が主に入る病棟です。職場環境を良くするために職員全体で取り組んでおり、アットホームな雰囲気があります。また、病床数も30床と少なく働きやすい現場です。

A2

脳神経外科病棟です。患者さん、ご家族への思いやりを大切にスタッフ一同、良い看護が提供できるよう日々努力しています。多職種との連携を取りながら安心して入院生活が送れるよう努めています。

手術室

こんにちは、手術室です。
当院の手術室は4部屋と部屋数は多くありませんが、年間3千件以上の手術を行っています。消化器外科、整形外科、脳外科、泌尿器科、眼科、形成外科の手術を行っており、毎日慌ただしく過ごしていますが、医師・看護師みんなで力を合わせ患者さんが、安心して手術を受けられるよう努めています。

外来

診察室・救急外来・アンギオ室は改修後きれいになりました。
患者さん、ご家族が安心して外来受診していただけるように接遇を大切にし多職種と連携して日々頑張っています。

透析室

外来と入院患者さんの透析治療を多職種と協力し合いながら、安全・安楽に透析治療を受けていただけるように日々努力しています。透析室のスタッフはみんな優しく、透析初心者の方も先輩ナースが丁寧に優しく指導してくれます。