Blog – ページ 7 – 東戸塚記念病院 看護部ホームページ Blog – ページ 7 – 東戸塚記念病院 看護部ホームページ

Blog

東戸塚記念病院 看護部 Blog

つぼみのはみだしレポ⑦ A4病棟内科・循環器混合病棟

こんにちはA4病棟です!

11月になり、日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたね。

今年度後期が始まり、実習などお忙しい時期にブログをご覧になって頂きありがとうございます。

 

さて、

今年度も早いもので、もう半年が過ぎてしまいました。A4病棟では新人看護師6名を迎え、それぞれが自己の成長に向けて日々努力しています。

6Rを確認して、滴下調整!

 

ご紹介遅くなりましたが、A4病棟は循環器、混合内科の病棟です!

内科全般に加え、循環器ならではの治療や検査、モニター管理など専門的な知識・技術を学ぶことができます。もちろん、知識・技術だけでなく、患者様一人一人に対する看護についても深めていける場となっています。スタッフ間の仲がとても良く、コミュニケーションを取り合いながら和気あいあいとした雰囲気の職場です。時には忙しくてバタバタする日もありますが、そんな時こそスタッフ同士が一致団結し、仕事に取り組んでいます。

SMILEヽ(^o^)丿☆

十二誘導:・黒・

 

A4師長です=^_^=

 

ランチタイム♪ 手作り弁当やコンビニ弁当など、、、。

 

 

☆休日の過ごし方も紹介させていただきます!☆皆さんはどんな休日を過ごしていますか?

【デートコースと言えばみなとみらい】

 

【フクロウカフェで癒されてきました

 

  

【横浜某所ブッフェを楽しみました。ケーキもハロウィン気分】

 

ほんの一例ですが、同期や先輩と出かけた時の写真を紹介させて頂きました!

フクロウカフェや、みなとみらい☆ 季節柄、食欲の秋という事でビュッフェなど様々な形で休日を楽しんでいます♪

命と向き合うという責任ある仕事だからこそ、休日を充実させる事で日々の仕事に向き合う事が出来ています。

横浜はもちろん、交通の便も良いので日帰りでも色んな場所へ出掛けられますよ♪

仕事と休日をしっかり区別し、スタッフ全員が勤務調整や時間内に終えられるよう協力し、アフター5や、休日の充実化を図るなど、職場環境の良さはピカイチ✫ですよ!!!

 

先日、当病棟にも看護学生さんが実習に来られていました。今の時期は勉強や実習、それに加えて就職活動と多忙を極めている時期ではないでしょうか。

今年の夏は、当病棟にも多くの看護学生さんがインターンシップへ参加して下さいました。一旦9月で終了し、また11月後半から再開予定となっています。ぜひ参加して頂き、病院や病棟の雰囲気を味わってみてはいかがですしょうか❓

スタッフ一同皆さんにお会いできる日をお待ちしています(^_^)/

 

 

※6Rとは…

確実な与薬が行えるように推奨されているチェック項目の事です。

↓与薬の際にチェックするポイントとして、6Rに沿った確認が推奨されています。

これを基に投与前にダブルチェック行う事で与薬による医療事故の防止に努めています。

 

 

 

 

つぼみのはみだしレポ⑥ B3病棟 内科・泌尿器科混合病棟

こんにちはB3病棟です。

11月となり食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。皆さんはどんな秋をお過ごしですか?

B3病棟の11月は泌尿器科の秋到来です! B3病棟は元々内科、形成外科、整形外科の混合病棟でしたが、泌尿器科も10月からB3病棟へお引越しになりました。9月から泌尿器科経験者による勉強会を開催しB3病棟全員が泌尿器科の患者様を看護できるように準備しています!(^^)!

↑泌尿器科勉強風景です

勤務時間内に勉強会を開催しています。

 

泌尿器科の疾患は尿路感染、腎盂腎炎、尿路結石、前立腺がん、前立腺肥大症等他にも沢山ありまだまだ分からないことも多いですが、泌尿器科の優しい先生方が丁寧に教えて下さるので心強いです。

それでは泌尿器科の先生をご紹介します!

      

各務先生      &      松橋先生

B3病棟の泌尿器疾患の患者様は2名の先生方に守られていますヽ(^o^)丿

 

 

始めまして皆さんB3病棟師長の木枝です。

さてここでは、B3病棟の特徴を簡単にご紹介します。

B3病棟の特徴は、病床数が30床でとてもコンパクト設計です。

その為残業も他の病棟に比べて少ないのでママさんナースも多く

活躍しています。学生の皆さんも看護師になり働き始めたら仕事

とプライベートのON/OFFを上手に切り替えられる職場ですよ。

 

 

それでは最後に…

今年のインターンシップ後半戦は、11月から始まります(*^_^*)

東戸塚記念病院職員一同、皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

【その中でもB3病棟のインターンシップで体験してほしい3つのポイント】

  1. 看護師と多職種(Dr、PT、OT、ST、栄養科、PFM)の連携

→強い連携力が看護の質向上と働きやすさに繋がっています。

  1. 患者さまと看護師の信頼関係

→患者さまの想いをどのように引き出しているか注目してください

  1. B3病棟の居心地の良さ
  2. →病棟内の居心地の良さを実際に肌で感じてみてください。

 

 

※オマケ

10月ブログ担当の伊藤です。先輩にお願いして素敵なお写真をお借りしました。

病棟の先輩看護師の9月の京都旅行のお写真です。

有休を上手に利用しプライベートを満喫してますね。

学生の皆さん是非B3病棟でのインターンシップにお越し下さいませ。

 

 

 

 

 

つぼみのはみだしレポ⑤ くたかけ主催 ビアガーデン

みなさん!こんにちは!!今回のブログの紹介は…

くたかけビアガーデンについてです!!!

   「くたかけとは、鳥の古名のこと言うそうです。」

 

ここで、くたかけって??って思ったみなさん!

少しくたかけ会について説明したいと思います。

 

 

くたかけ会とは…会員相互の親睦を図り、友愛の精神をもって一致・協力し、病院の発展に寄与することを目的として、全職員が入会している会のことです。

 

くたかけ会では、新人歓迎会やビアガーデン、日帰り旅行(バスツアー)、忘年会

など、さまざまな職種が集まり親睦を図れる楽しいイベントが企画されています。

日帰り旅行では、山梨(ぶどう狩り)や千葉(浜焼き食べ放題、マザー牧場)などが企画されています

さて、今回は8月20日にビアガーデンに参加してきたので、その様子を紹介したいと思います。場所は横浜駅から徒歩5分ほど某ビルにて行われました

 

 

看護部・リハビリテーション科・薬剤部・総務課・医事課など

さまざまな部署が集まりました。

総勢“150人”ほどにもなり、バイキング形式で飲み放題!

たくさん食べて飲んで語り、交流を深めてきました。   

 皆さんもぜひこのような会に参加してみませんか??

優しい先輩方がお待ちしていますよ~★

くたかけ会での他のイベントとして

10IMSグループの大運動会は台風の影響で中止となりました。

皆さんは台風の影響は大丈夫だったでしょうか。

12月は忘年会がありビンゴや余興なども含まれています!またその様子もブログへ載せていく予定です。

楽しみにしていて下さいヽ(^o^)丿

 

 

つぼみのはみだしレポ④ HCU1周年記念

こんにちは!看護部リクルート委員です♪

すっかり秋の陽気になってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

風邪を引かないように、体調管理には十分お気をつけ下さい(>_<)

 

さてさて!本題にうつります

この8月、HCU病棟は無事1周年を迎えることができましたヽ(^o^)丿

 

去年の7月にHCUはオープンしました。

初めてのことや分からないことが多い中、様々な看護経験を持ったスタッフ一同試行錯誤を重ねながらこの1年頑張ってきました!!

 

今回は病棟1周年記念を祝して、日頃いっしょに仕事をしている医師や薬剤師さんたちを招いて祝賀会を開きました(((o(*゚▽゚*)o)))

 

みんなでご飯を食べながらたーくさんお話できて、

日頃の疲れを癒すことができました☆

 

また明日からの仕事も頑張れます♪

 

 

 

仕事は楽しく真面目に!たまには同僚と仕事終わりに食事に出かけたり

うまく息抜きしながら楽しくお仕事しています(^O^)/

 

昨年できたばかりのHCUですが、

他の病棟と同じくインターンや見学も受け付けていますので

看護学生の皆さん、興味のある方はぜひご応募ください☆

お待ちしております(^^)/

 

 

つぼみのはみだしレポ③ HCU 

こんにちは!リクルート委員です♪

今回はHCU病棟の紹介をしたいと思います!!

 

HCUには様々な疾患をもつ患者さんが入院してきます。

疾患や病状に合わせていろいろな治療、看護介入を行っています。簡単に説明すると

 

循環器 :心臓カテーテル治療後管理や大動脈バルーンパンピング管理など

 

呼吸器 :人工呼吸器・NPPV(非侵襲的陽圧換気)管理など

 

消化器 :がん切除術やイレウス解除術などの術後管理、ドレーン管理など

 

脳神経外科 :くも膜下出血や脳梗塞、脳内出血などの治療前後のコントロール、術後管理

 

泌尿器科 :水腎症や腎盂腎炎、尿管結石からの全身状態不良による透析管理

 

一言で表すと

知識・技術が身につく!

臨床で多様な疾患に触れる機会があるので、

とても勉強になります

 

 

 

HCUに入院中の患者さんは急変リスクが高い人が多く、全身状態の観察はもちろん、医療機器の管理も必須になります。

急変対応に関しては、ICLSインストラクターを習得したスタッフを中心にスタッフ間で訓練をしています。

 

急性期における患者さんのリハビリにも関わっていくこともありますし、外科の術後の患者さんが疼痛コントロールしながら離床できたときには、とても嬉しいです。

 

いろいろな科に興味がある・全身管理ができるようになりたい・急変時の対応ができるようになりたい、、など!

そんな看護学生さんは是非HCUに一度見学にいらして下さい(^^)♪

 

スタッフ一同お待ちしております♪